サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマン。定年までに億り人を目指します。

MENU

クレジットカードがまた使えない?今度はなんで?カード会社に直線電話して聞いてみた!

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394.comです。


ほんの数日前ですが、以下の記事を書きました。

クレジットカードが突然使用出来なくなり、原因を探っていくと、利用限度額のリセットは締め日ではなく、銀行口座からの支払日である事をお伝えしました。

f:id:nobu2394:20190513073250j:plain

そしてその後の展開ですが、ちょうど上記の記事を書いた当日5月10日に利用可能額が復活していました。ですがちょっと変です。。。


何が変かというと、復活している利用額が5月10日に私の銀行口座から引き落とされる額(つまり3月15日~4月15日の利用額)とくらべ、非常に低い値段だったんです。


ですが、ひょっとしたら時間差でもうちょっと利用可能額が増えるのかも、と思ったのと、少ないと言っても10万円以上の復活でしたので、普通の日常の買い物にはこの利用可能額でも困らないと判断し、妻にももう使えるよと言って、カードの使用を解禁しました。


時系列でいうと、ちょうど5月の10日です。で、実際、その日と次の日の土曜日は少額ではあるものの、カードで買い物が出来ました。

悲劇は突然やってきた


利用可能額は少ないながらも今まで通りの使用環境に戻ったと思っていたんですが、悲劇は突然やってきました。なんと次の日の5月12日にいつものように買い物をしてカードを差し出すと、


使えません。。。


あれ?すでに復活しているはずなのになぜ?と思いますが、以前の事もあるのであまり食い下がらずにサクッと現金払いし、その場は切り抜けます。

カード会社のサイトで利用可能額を確認


前とちょっと違いますが、現時点での利用可能額をネットで調べると、


0円。。。


あれ?つい昨日まで12万円ほどあった利用可能額が僅か1日で0円になっています。これは謎です。


しかも以前の記事でご紹介したカードが利用出来ないパターンではまがいなりにも5000円台の利用可能額は残っており、かろうじですが買い物は出来ました。つまり、ギリギリではあるもののなんとか資金のやりくりが間に合っている状況とでも言いましょうか、そう言う状況です。


ですが、今回は完全に0円です。つまり恐れたのは、何か私の知らない大きな金額が引かれてしまい、銀行口座が資金足らずになってしまっているのではというと事です。


このままでは何が原因でカードが突然使えなくなったのかがわかりませんので、最終手段にでます。

カード会社に直線電話する。です。


そう、ネット社会全盛の世界ですが、こういった急を要する案件、もしくは事情の説明が複雑になるケースでは、まだまだ電話でのオペレーターとの直接対話にぶがあります。


と言うことで、早速電話です。


結論としては、正直分かった事とわからないことが有りました。


分かった事

私の5月10日払い込み分の利用可能額の復活はまだ実施されていない。


分からなかった事


5月10日の日に12万円ほど利用可能額が増えた理由は不明。


カードの利用可能額を時系列にそって書くと、下記のようになります。


5月5日 5000円

5月10日 12万円
(この時に復活したと思い込む)

5月12日 0円


カード会社の方の言うとおり、3月15日~4月15日の利用額の復活が13日現在行われてないとするなら、今度は5月10日に復活した12万円は何だという話なんですが、カード会社の方に調査してもらいましたが、結局分かりませんでした。


取りあえず現時点、あと2日ほど待てば利用可能額が復活するそうなので、それを待ちたいと思います。


それでも12万円の中途半端な復活や、都合よく0円と言うのもげせません。


本日はここまでとしますが、このクレジットカードの利用額についてはまだまだ私の知らないルールが潜んでいそうです。しばらくはシリーズものになってしまうかもしれませんが、毎月クレジットカードの利用可能額を結構いっぱいまで使い切ってしまう!という方には有益な情報になるかもしれません。


いつになるかは分かりませんが、またご報告させて頂きます!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事です。↓

うねり取りの手法をもっと詳しく知りたいという方は、こちらの書籍をご覧ください。↓

証券会社の口座開設はこちら!↓
マネックス証券
私が使っている証券会社です。


楽天証券
こちらも人気ですね!


SBI証券で 口座開設
これも定番 妻の口座はここにあります。



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。