サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマン。定年までに億り人を目指します。

MENU

Amazon決算直前!これまでの予想の振り返りと、今後どうなるか予想してみた。

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394.comです。


誰も覚えちゃいないと思いますが、約二ヶ月前の3月の頭に、以下のような記事を執筆しました。↓


生意気にも当時のAmazonのチャートから、将来の株価を予想した記事でした。


予想の中身としては、当時1600~1700ドルのレンジに2ヶ月以上収まっていた事から、上か下かはわからないが、どちらかに大きく動くだろう。と予想しました。


本日は、この予想があれから2ヶ月たった今どうなったかを振り返ると共に、今後の株価はどうなっていくかを懲りずに予想してみたいと思います!


どうぞ最後までお付き合い下さい!


f:id:nobu2394:20190424225800j:plain

予想の振り返り


まずは2ヶ月前に予想をしたときのチャートをもう一度乗せておきます。

f:id:nobu2394:20190424230131j:plain

ご覧のように年末のクリスマスセリングクライマックスでの大暴落のあと、1月の半ばぐらいから2ヶ月近くに渡りいわゆる横横相場が続き、結果5日線、20日線、60日線がかなり近づいてくる状態になって来ました。


前回の記事の中でも述べていますが、この移動平均線がぎゅっと集まっている状態は、大相場の予兆です。

答え合わせ


皆さんすでに最近のAmazonの株価はご存知だと思いますが、現在のチャートを見てみましょう。

f:id:nobu2394:20190424231040j:plain

自分で言うのもあれですが、予想は大当たりでした。上に来ると言うのは嬉しい誤算でしたが、1600台をうろちょろしていた株価が、現在では1900ドルを超えてくるまでに急回復。途中3月の下旬に一瞬下落するタイミングもありましたが、そこも結果としてはいい物別れの形となり、そこから更にもう一段の上昇。


と言うことで、予想の答え合わせとしては、くどいですが珍しく大当たりでした。やはり1600ドル台での長い横横相場の間に、ホルダーが徐々に入れ替わり、移動平均線が収束するにつれエネルギーが溜め混まれ、均衡が崩れた3月上旬に一気に上に駆け上がった。と言うことなんでしょう。


ただし繰り返しになりますが、上に上がったと言うのはたまたまです。仮に同じ3月の上旬にAmazonにとって悪いニュースが出てちょっとでも下に均衡がやぶれる形になれば、先程のエネルギーは強烈な下げ圧力になった事でしょう。それほどに、株価の予測というものは難しいものなのです。

今後の株価はどうなる?


さて、ここまで上げてくるとそろそろ怖いな。という感覚が芽ばえても全く不思議はありません。が、うねり取りの視点で言えば依然パンパカパンは継続していますし、3ヶ月という時間軸の法則でみてもまだすぐに下がっていくという局面には見えません。

気になるのは本日の決算発表

株価の動きを占う上でもう一つ重要な要素があります。決算です。くしくもAmazonの決算発表は今日です。どんな企業、業績であれ、決算発表時には多くのホルダーが動きます。つまり出来高が上がる。Amazonも例外ではなく、決算発表時はいつもよりも大きな値動きが起こるでしょう。


予想としては、現時点かなりの高値圏にあることから、下方向への動きが濃厚かなと読んでいます。(あくまでも予想です)


ただし、大事なのはここからで、決算発表での下げや上げは、割と短期間で元に戻る事も多く、何となくですが今回は決算で20日線ぐらいまでポンッと下げたあと、徐々に冷静さを取り戻し、結局物別れとなり更に上昇。


こんなシナリオをなーんとなくですが予想しています。

まとめ


如何でしたか?


相も変わらずの素人の適当予想ですが、一度2000ドルに到達し、その後1300ドル台まで落ち込み、また1900まで戻ってくる過程で、多くのホルダーが入れ替わっているはずです。それはつまり、昔に比べ平均取得価格が高いと言うことを意味します。


これはあくまでも予想ですが、こういった状況を考えると、2000ドルは単なる通過点。となる可能性すらあるわけです。


さて、いよいよ決算発表。


予想が吉と出るか凶と出るか、、、


乞うご期待。


最後までお読み頂き、ありがとうございました!


うねり取りの手法をもっと詳しく知りたいという方は、こちらの書籍をご覧ください。↓

証券会社の口座開設はこちら!↓
マネックス証券
私が使っている証券会社です。


楽天証券
こちらも人気ですね!


SBI証券で 口座開設
これも定番 妻の口座はここにあります。



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。