サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマン。定年までに億り人を目指します。

MENU

モルガンスタンレー証券でMMFを全解約。モルガンスタンレー証券で米国株を取引したときのお金の動きはこうなっている。

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394.comです。


突然ですが、皆さんはどこの証券会社を使って株取引をしていますか?

マネックス証券

楽天証券

SBI証券で 口座開設

このほかにも松井証券、株ドットコム証券、DMM証券、GMOクリック証券、ライブスター証券、岡三オンライン証券

などの、いわゆるネット証券会社もたくさんありますし、この他にも、


野村証券、大和証券などの、総合証券会社と呼ばれる会社も存在します。


私の使っている証券会社はどこかというと、このブログでも幾度と無く公開していますが、マネックス証券で、妻がSBI証券です。


f:id:nobu2394:20190322072018j:plain


しかし、実は私はもう一つ証券会社の口座を持っています。このブログでも数回公言しているのでひょっとしたら知っている方もいるかもしれませんが、、、


それが、、、

モルガンスタンレー証券です!


このモルガンスタンレー証券という会社、先程の証券会社の分類でいけば、総合証券会社ということになると思います。理由は、対面だからです。そして、手数料も高いです。


ではなぜモルガンスタンレー証券?


よく言われる総合証券会社のメリットは、対面式なので情報量が多いとか、IPOの主幹事になることが多いので当選しやすいといった利点があり、裕福層むけの証券会社というイメージがありますが、今や情報量はネット証券でも信頼におけるものが手にはいると思っていますし、私はIPOはやりませんし、何より裕福層でもありません。


その理由は当時アメリカから戻ってきた私は、ドルで6万ドルほどのキャッシュを保有しており、その米ドルをそのまま証券会社に入金し、米国株の運用をしたいと思っていました。


しかし、私のメイン口座であったマネックス証券では、株取引でドルの直接入金は出来ないと言われ、断念。


代わりに見つけたのがモルガンスタンレー証券でした。モルガンさんであれば、米ドルのままでの入金が可能だったんです。


と言うことで、今回はこのモルガンスタンレー証券でのMMFを全解約しましたよ!というお話です。別に何か不満があって解約したわけではありません。


他の証券会社の事は正直よくわかりませんが、モルガンスタンレー証券の場合で米国株の取引をする場合は、こういった仕組みでお金が動きますよ。という内容になります。


ちょっとややこしいですが、興味のあり方はお読み頂ければと思います!

モルガンスタンレー証券での口座の状況


まずは私のモルガンスタンレー証券での口座の内訳を見てみましょう。


f:id:nobu2394:20190322205031j:plain

まずこちらが、口座のすべてのお金の円換算額です。間違えてはいけないのは、あくまでも円換算ということ。


次に、この800万円強の内訳を見てみますが、モルガンスタンレー証券での全資産は以下のように分類されています。↓
f:id:nobu2394:20190323103559j:plain


私はモルガンスタンレー証券では米国株以外の取引はしていませんので、国内株式は持っていません。ですのでまずは外国株式を見てみます。

f:id:nobu2394:20190323104019j:plain

今日は個別の保有株の損益は話の本筋ではありませんので、大事なのは一番上の評価額です。


日本円換算で、4,708,840円


となっています。

次に外貨建てMMF

f:id:nobu2394:20190323104439j:plain

今日の記事の一番大事なスクショなんですが、残念ながら解約してしまったあとのため、残高は0となっています。


解約前はここに円換算の金額が記載されていたとお考えください。ただし当然外貨MMFですので、実際はドルでもっていることになります。


現在の私の設定では、配当金がこのMMFに入ってくるようにしています。

MRF/お預り金

f:id:nobu2394:20190323105438j:plain

253,025円

こちらは、正真正銘の円で持っているお金になります。今回私はMMFを解約したわけですが、解約して円に変わったお金は、このMRFに入ってきます。


そしてこの唯一の円資金であるMRFが米国株を手仕舞いしたときに重要な役割をする事になります。

外貨お預り金

f:id:nobu2394:20190323185632j:plain

25,569.5ドル

こちらがいわゆる軍資金。新たに購入したい米国株があれば、この資金を使って株を買い付けます。


円とドルが混じっていてわかりづらいですが、上記の合計額を日本円で表すと、一番最初の820万になります。

米国株を手仕舞いしたときに何が起きるか?


ここまでは私の口座の内訳を説明してきた訳ですが、次は持ち株を売却(手仕舞い)したときのお金の動きを見てみましょう。


米国株を売る場合、どこの証券会社でも同じだと思いますが、決済を円で行うか、それともドルのまま行うかを選択できます。


米国株投資をやっている方は、ドル円の為替変動も気にしながら取引を行わなければいけませんが、私の場合はよっぽど円安水準でない限り、ドルでの決済を実施しています。


ただし、この時に注意しておかなければいけないお金の動きがあります。


それが、、、


税金です。


ご存知の方も多いとは思いますが、米国株の売却をして利益が出ると、日本の税金と米国の税金の両方がとられます。これを二重課税と呼びます。

二重課税についてはこちらでまとめていますので、気になる方はどうぞ!↓


そして確定申告をすればしっかりと取り戻す事も出来るので安心して下さい!↓

そしてこの税金はどこから引かれるのか?と言うことなんですが、これは、外貨で決済しようが、先程のMRFから引かれてしまいます。


つまり、私が出来るだけ米ドルでの所有をしていたくとも、利益確定をする度に、税金分の日本円、つまりMRFは口座に保有しておかなければいけないという事なんです。

まとめ


これが今回私が配当金で貯めてきた外貨MMFを解約し、MRFに移した理由です。


現時点すぐに売るつもりはありませんが、Amazonの含み益もそこそこ大きくなってきましたし、ちょっと前に購入したアルトリアグループも好調です。


ここぞという時にすぐに動けるようにしておくのは大事です。


お金を高確率で増やしたい!と思えば米国株はずせませんが、そこには米ドルという違う通貨が絡むこと、そして税金も2重で取られる事など注意すべきこともあります。ただしっかりと知識を付けてしまえば全く怖いものではありませんし、確定申告だって今はそこまでおっくうなものではありません。


まだ投資、特に米国株投資に一歩踏み出せない方がいれば、是非検討して見てください!


証券会社の口座開設はこちら!↓
マネックス証券
私が使っている証券会社です。


楽天証券
こちらも人気ですね!


SBI証券で 口座開設
これも定番 妻の口座はここにあります。



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。