サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマン。定年までに億り人を目指します。

MENU

2019年の日経平均の株価予想!みんなの予想をまとめてみたよ。

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394.comです。


昨日とうって変わって電車が混んでいます。昨日は祝日なので当たり前ですが、、昨日は成人の日とのことで、会社帰りに駅のそばで晴れ着姿の女性を何人か見ました。


かく言う私はとっくにダブル成人式も終わっており、、おっさんになったな~と、ついしみじみしてしまいます。


成人式で思い出しましたが、最近は、ダブル成人式ならぬ、1/2成人式たる催しがあるそうですね。


私の息子はまだ小学2年生ですのでちょっと先の行事ですが、どうもこの1/2成人式は、親にとっては感涙ものの行事のようで、知ったときは、へー、こんな行事があるんだー。ぐらいの感想でしたが、ネットでググってみると、批判的な意見もあるようで、、、


親に感謝出来ない子供だっている、感謝する親がいない場合だってある。そんな多様性が広がっているなかで、感動を強要するような行事を学校が行っている。


確かに、通常の成人式は市などが主催ですので、欠席もぶっちゃけ自由ですが、小学校の行事となるとそうはいきませんもんね。


私は何となくですがこの批判、分かるな~。


f:id:nobu2394:20190115210835j:plain

2019年の日経平均予想を集めて見ました!


いつものごとく、前置きが長くなり申し訳ありません。。


今日の話題は、年末年始を挟んで波乱含みの大幅安で始まった株式市場ですが、果たして今年2019年はどんなチャートを描くのか?


いつもは私の予想を中心にお送りするのですが、私のような素人の予想を聞いたって参考にもならないでしょうから、今日は趣向を変えてネットに転がっている情報をまとめて見ました。


色々情報集めるのめんどくせーなーって方は、ひょっとしたら時間短縮になるかも知れません。


どうぞ最後までお付き合い下さい!

マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆さん:30000円



まずはこちらから、ご存知の方も多いと思われるマネックス証券の日経平均3万円宣言からはや一年。。。


2018年の予想は見事に外れ、逆に大きく下落した年となってしまいました。


しかしそれでもマネックスは強気です。


もちろん、また強気に出ちゃって~、また予想外したらどうすんの~?という声もあるかとは思いますが、上のレポートを読めばわかる通り、当然ですが、理論武装はしっかりしています。


アメリカの大統領選、中国の景気刺激策、日本の消費税は実質減税など、確かになるほどと思わせる内容です。

楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジスト窪田 真之さん:25000円



こちらはさらに時期まで言及されています。3月で18000~20000、12月で23000~25000という予想です。


流石にマネックス証券程は強気ではありませんが、こちらも25000と2018年の最高値を超えている予想です。


理由としては、2018年後半から実は景気後退局面は始まっており、既に株価も織り込み済み、そんな中3月で底値をつけ、その後は2020年に向かって景気は回復すると予想。こちらもその景気回復を先に織り込み、上昇していく。というシナリオです。

AIによる予想 15,913.25 円



こちらは株式会社ディーポさんが運営するサイトです。予想株価はなんと驚愕の15000円台!!これが的中となると、流石にちょっとやばいですね。。。


AIですので、人間の予想のように根拠を伺い知ることは出来ませんが、それがまた不気味です。。。


確かに今の下落がリーマン級に繋がる序章と捉えるなら、この予想もあながち的外れではありません。。。コエー。

cisさん 17000~18000



投資をやっている方なら知らない人はいないであろうご存知cisさん。


投資で気づいた資産はなんと230億円!!巷では、一人で日経平均を動かせる男。とも言われている同氏ですが、予想は17000~18000とまだ下落はあるとの予想です。


逆に高値は積極的には予想していないんですが、総じて下げる要素が強いとの事です。

まとめ


如何でしたか?


今回は4つの予想をお送りしましたが、思うことはやっぱり予想は予想。どんなプロでも当てることは至難。ってことですよ。


その道のプロが予想して、これだけの幅が出来てしまうんですからね。


そして仮に一年の予想が当たったとしても、運用成績でプラスになるかとは別問題です。


結局は予想というよりは、その時その時の株価の流れに逆らわず、いかに値幅がとれるのか?ってことに尽きるわけです。


私もまだまだ精進の時が続きますが、どんな日経平均になろうがこの1年も必ず相場の世界に留まる事を目標に、頑張って参ります。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。