サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマン。定年までに億り人を目指します。

gMENU

今後の日本株と米国株の戦略を考える。半年に一度の恒例行事!我が家の資産状況を公開!

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394.comです。 


先日はボーナスが支給された事もあり、ボーナス査定についての記事を書きました。



ブックマークでのコメントや、Twitterのコメントで、相対評価と言うことに驚いた。と言う方や、うちも全く同じです!と共感していただける方、多くはないですが、反応していただきました。ありがとうございます!


そして本日は、大きな収入源であるボーナスの入金が行われましたので、半年に一回の恒例行事、我が家の資産状況を調査、公開していきたいと思います!


どうぞ最後までお付き合い下さい!



半年前の資産状況公開記事は上記記事です。資産状況公開ではありますが、タイトルにもあるように、今の時代に一流大学入学する事の重要性を力説しており、普段よりも明らかにブックマーク数が少ない記事でした。。。


やっぱり、ブログで副収入を得ようとしている方々には反発をもって受け止められたのだろうと、私としては考えています。


そして、ブックマークの数こそ少なかったものの、批判的なコメントがなかったのは、私のブログの影響力がほとんどない。というのは当然として、私の書いた事が、概ね正しい。と言うことの表れ。なんだとも受けとめています。


と、余談はここまでにして、半年前と比較し、我が家の資産がどうなったのか見ていきましょう!


f:id:nobu2394:20181210202544j:plain


カッコの中は半年前の金額です。この数字を見ればどの項目が減ったり増えたりしたかがよくわかります。

現金

  ・給料振込銀行 680(1035)

  ・従業員預金 500 (500)

        ・一般財形 790(755)

  ・ろうきん 100(100)

   小計 2070(2390)

  

その他

  ・従業員持ち株 1400(1440)

  ・日本株(私) 247(312)

  ・日本株(妻) 228(268)

         ・米国株 794(796)

         ・生命保険型(円) 480 (480)

         ・生命保険型(円) 600 (600)

         ・生命保険型(豪ドル/円換算) 266 (266)

  ・確定拠出年金 344(300)

  ・デルタマイレージ 46(44)

  ・積立式節税貯蓄 40(30)

  ・楽天VTI(積立NISA) 13(0)

・楽天VTI(特定口座) 13(0)

  ・楽天VYM(特定口座) 28(0)

     小計 4499(4538)

  

資産合計 6569(6928)

  

負債 

  ・家のローン 4592(4652)


以上となり、資産合計では、半年前と比べ、マイナス350万円という、大幅な減少となってしまいました!


資産を減らしてしまった大きな要因を見ていきましょう。


まず現金の部で大きく減っているのは、家の外構工事の支払いを350万ほど行っているのが大きい出費です。



ただこれは特別出費のようなものですので、仮にこの出費がなければ、他の現金系資産合計はプラスになってきます。


次にその他のリスク資産の部ですが、こちらも昨今の株価下落のあおりをモロに受け、大きく資産を減らしているものがあります。


特に大きいのは、私と妻の日本個別株です。


この二つだけで100万円のマイナスです。




このマイナスは非常にいたいところですが、その損失を確定拠出年金と、この半年で始めた、楽天VTIと楽天VYMの積立でカバーしているといった感じでしょうか?



まとめると


・外構工事の350万円がなければ資産は横ばい


・短期のリスク資産は大きくマイナス


・短期のリスク資産のマイナスを長期リスク資産でカバー


こんな感じになると思います。


皆様に向けての記事というよりも、完全に自分にとっての備忘録的な記事となってしまっていますが、お許しください。

今後の展開は?


個人的に気になるのは、やはり日本の個別株でしょうか?これ以上資金を追加するつもりはありませんが、同時にこれ以上評価額をマイナスにしたくもありません。。。


が、現在の株価を取り巻く環境は正直かなり暗いのも事実で、なかなか力強い上昇!という感じではありません。。。


日本株については、空売りも上手に絡めながらヘッジをとり、これ以上の損失を食い止めたいところです。


次に米国株についてですが、こちらも今後しばらくは、我慢の時が続きそうですが、ここで一番やってはいけないことは、今評価額がマイナスだからと、現金化して、退場する事です。


可能なら、この下落局面で買い増すぐらいの勇気が欲しいところですが、初心者の方々にとってそれは恐怖でしょう。(私は近々買い増しするつもりです。)


そういう方は、せめてホールドしましょう。


米国株の場合は、このブログで何度も申し上げているとおり、5年後、10年後という長いスパンで見れば非常に高い確率で上昇をしてくると言うことを歴史が証明しています。


今決して狼狽せず、淡々と投資を続けていきましょう。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。