サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマン。定年までに億り人を目指します。

gMENU

米国株の2018年の配当金が10万円を超えた。インカムガインとキャピタルゲイン、どっちメインでいくかはちゃんと考えよう。お金減るよ。

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394.comです。


11月も中旬。最近少し暖かいなと思っていましたが、本日の朝の気温は2℃。。。そろそろホッカイロ買っておかないといけませんね。。。



f:id:nobu2394:20181115072059j:plain



2018年の配当金が10万円を超えました!


さて、本日の話題は配当金です。もっと言うと、米国株からの配当金です。


今月の11月上旬にAT&Tより配当金が振り込まれたことで、年間トータルの配当金累計がついに10万円(日本円換算)を超えました。


日本円換算としているのは、じっさいには外貨MMFと言う商品でドル建で保有しているからです。(しかも今年の途中から)


証拠写真です↓

f:id:nobu2394:20181115070709j:plain


基本は先ほども登場した世界屈指の高配当銘柄であるAT&Tからの配当金がほとんどを占めますが、そのほかにも撃沈中(泣)にムーディーズ、すでに手放したシンクロニー、更には外貨建で持っているMMFからも、僅かではありますが分配金と言う形でお金をいただいております。

配当金の安心感


普段日本株、米国株の個別株の値動きを見ては一喜一憂している私ですが、同じ株式投資の世界でも、この個別株での株式投資(キャピタルゲイン)と、この配当金(インカムゲイン)での株式投資は、全く性質が異なります。


なんといっても、配当金は、その会社の株を持っているだけで、お金が転がり込んでくる訳ですから。もちろん減配、もしくは無配と言うリスクが無いわけではありませんが、そこは米国株、そこは配当貴族、株主への利益還元を最優先に考える米国企業です。そうそうのことでは減配、無配は実施しないと思われます。


と言うことで、私の場合では、年間10万円の利益がほぼ確実に約束されていると言う状況を作り出せているわけです。

私の最終目標も配当金で暮らすこと


これは私のブログのサブタイトルにもあるように、定年退職するまでに1億円を資産運用で作り上げる根拠にもなっているのですが、1億円という金額があれば、例えば5%の配当金が頂ければ、税引き後でも年間400万円の収入が得られる訳です。


年間400万円の収入があれば、夫婦二人で生きていくための最低限のことは出来ます。例え足が出たとしても、大きな収入源であることは間違いありません。


と言うことで、私の60歳までの目標は、資産運用で1億円を作り出すことにあるわけですが、それがそんなに簡単ではないことは百も承知です。



この記事は、まだ私がブログを立ち上げホヤホヤで書いた記事ですが、18年で1000万円を1億円にするには、年利何%で運用すればいいかを書いた記事です。


計算の結果、年率14%が必要であることがわかります。


流石に年率14%とというのは厳しい目標であり、よほどの運か実力がなければ到達する事が難しいことはわかっています。


そして仮に14%の年率で運用が出来る運と実力があったとしても、流石に配当金だけでは不可能な数字です。(年率14%の配当金はアメリカでもない)


ですので、現在は1000万円分の資金を日米の個別株に振り分け、キャピタルゲイン狙いのスタイルも行っているわけですが、当たり前ですが、キャピタルゲイン狙いにはリスクが伴います。


今はそのリスクによるインパクトを和らげるために、配当金というインカムガインも組み入れて、じっくりと資産の底上げをはかっていると言う感じです。

結局インカムガインとキャピタルゲインかのどっちも必要(今は)


正直、今はどっちかにバサッと決めきることは出来ません。それはある意味当たり前なのかもしれませんが、インカムガインだけでは億と言う資産は築けないことは明白ですし、かといってキャピタルゲイン一本で資産が増やせるほどの実力もない。。。


ただこの問題は、意外とシビアで、60歳までと言う期限を考えると、今後数年以内には方向性を見極めた方がいいのかもしれません。


趣味として投資を楽しむだけならこのままのスタイルでいいのかもしれませんが、結局インカムガインで得た利益をキャピタルゲイン狙いの投資で失敗し、大して資産が増えないと言うリスクや、最悪資産を大きく減らしてしまうリスクもある訳です。

自分の投資スタンスを冷静に見極めるべき


こうやって、文字にする事で初めて分かりましたが、本当にお金を増やしたいならば、過去の実績から自分の実力を分析し、インカムガインとキャピタルゲインのバランスを真剣に考えなければいけないんです。


そのために残された時間はそんなに多くは残っていないということにも気がつきました。。。

インカムガインメインかキャピタルゲインメインは出来るだけ早く決めましょう。


まとめます。


残された投資期間と、今までの投資実施期間の実績をベースに、インカムガインとキャピタルゲインの割合を見極めよう。


キャピタルゲイン狙いが下手だなど思えば、インカムガインにシフトも全然あり。


当然インカムガインにシフトすれば、資金の増え方はマイルドになるが、それも受け入れて、運用計画を見直そう。


私の場合、来年1年ぐらいで見極めが必要かもしれませんね。。。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。