サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマン。定年までに億り人を目指します。

gMENU

日経平均23,000円超え!!くちばし完成!!日経は今後飛び抜けるのか?予想してみた。そして一番大事なことは。。。

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394.comです。


本日は先週の金曜日についに23,000円の拮抗ラインを超えた日経平均について語ろうと思いますが、その前に一つだけ思うことを、、、

吉澤容疑者のひき逃げ動画が拡散中


先週の金曜日に週刊誌「FRYDAY」よりこの事故の一部始終を撮影していた動画が公開されました。


思っていたよりも衝撃的な動画でした。


衝突時、45キロ以上は速度が出ていたとのことで、被害者の女性は、動画ではすぐ立ち上がっておりますが、強烈な衝撃が体に加わった訳ですから、すぐ病院で検査をされた方がいいでしょう。(当然行ってるとは思いますが、、)


この動画が公開されて以降、吉澤容疑者の供述の信憑性が疑われるといった意見や、周りにいた女子高生やOLさんが全く助けにいかないことに批判があったり、いやいや意外と助けにいけないよ?といった擁護意見、はたまた、被害者の女性のラインが公開?(真偽不明)されっちゃったりと、いろいろな意見、情報が交錯しています。


それはもう、いろいろな意見が出ているわけですが、私のような小市民が思ってしまったことは、、、


世の中ドラレコで全部記録されてるな~、悪いことは出来ませんね。


と言うことです。昨今、ドライブレコーダーをご自分の車に搭載されている人が急激に増えています。万が一の事故の時に重要な証拠になることもあり、今後も搭載率は上がっていくと思われます。


私の車にはまだついていませんが、妻と相談して、搭載を検討したいと思います。

話を戻すと、今後、車だけでなく街中いたるところにカメラが設置され、情報技術の発達により、より鮮明な、より多くの映像がいとも簡単に記録される世の中になってきます。


そのうち、運転中の映像はもちろん、街中でのポイ捨てや、迷惑行為など、すべての我々の行動が記録されてしまう、そんな世の中がすぐそこまで迫っているような気がします。


そんな事を考えさせられる今回の映像流出でした。

f:id:nobu2394:20180917184648j:plain

日経平均23,000円の大台突破!!

さて、本日はいつも以上に前置きが長くなってしまいましたが、本題です。


今年の1月下旬以降、実に半年以上の間、レンジ相場を形成していた日経平均株価ですが、先週の金曜日の終値でついに大台の23,000円を突破しました!


チャートを見てみましょう。

f:id:nobu2394:20180917185216j:plain

ご覧のように、5月下旬の23000円への最初のトライから数えて今回で実に5回目の挑戦で、ようやく23000円を超えてきました!


本日は、この23000円を超えてきた日経平均が今後どうなっていくのか??をいつものようにチャートと移動平均線のみを使って分析し、予想をしてみたいと思います。


どうぞ最後までお付き合いください!


それでは早速参りましょう!上のチャートでは少し見難いので、もう少し拡大してみます。

f:id:nobu2394:20180917190143j:plain


まず移動平均線で見てみると、ここ一週間ぐらいで今まで横向きだった黄色の20日線が急激に上を向き始めています。さらに、同じくこの一週間で20日線の下に潜り込んだ緑の5日線が、勢いよく下から20日線を貫いて上昇しています。

くちばしの完成です。


くちばしとは、まさに今回のように20日線が上向きのときに、5日線が下から20日線を貫く形のことで、このとき20日線と5日線が交差して出来る形が鋭角(=くちばしの形)であることから、相場氏の書籍では、こう呼ばれています。

シグナルとしては、上昇相場の最初に現れると言われています。


さて、ここまで見てきて、上昇相場の重要なシグナルであるくちばしが完成したのでこのまま勢いよく上がって行くでしょうか??

長期では上だが、短期では一旦下げる


私はこう予想します。短期では一旦下げるとした理由としては、


1,先週の金曜日の時点ですでに上昇3日目であり、7の法則から考えると、あと2日ぐらいで下げに転じる可能性が高い。


7の法則についてはこちらの記事をご覧下さい。↓


そして、もう一つの理由として、


2,同じく先週の金曜日に大きく窓をあけて上昇しているため、一旦その窓を埋めてくると思われる。


と言うことです。


そして、一旦下げた株価が窓を埋める22850円付近でちゃんと反発できるかがポイントだと思っています。もちろん、ものすごく苦労して超えた23000円ですから、この23000円が今度は下値のサポートとして機能する可能性も十分あります。


その場合は、明日以降も2,3日上げるかもしれませんね。逆に言えば、明日以降2,3日さらに上げていけば、23200円前後まで上げてきそうですから、23000円あたりが下値のサポートとして気持ちよく機能しそうといえます。


ただしこの場合は、窓をあけたままの上昇ですので、いずれまた大きめの下落に備えなければいけません。


どちらにせよ、長期で見れば、上に向かう準備が整った感じがあります。


いかがでしたか?今回23000円の大台を突破し、今後株価がどうなっていくのかを予想してみました。


ただし、あくまでも予想、所詮予想です。

株式投資に置いて、一番大事なことは、、、

予想が外れた時でも対処出来るように建玉を操作出来るようにしておくことです。


この世の中に未来を100%予想できる人などいません。かのウォーレンバフェットでさえも、大敗の歴史があります。テスタさんだって、ウルフ村田さんだって、BNFさんだって、同じです。彼らが勝ち組と言われるのは、恐らくですが、この予想が外れたときの行動こそにあるのではと思うのです。


今回も偉そうに今後の予想をつらつらと書いて見ましたが、一番大事なのは、この予想が外れた時にどう動くか??このことを忘れずにこれからも相場の世界と向き合っていきたいと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。