サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマンです。定年までに億り人を目指します。

gMENU

frixionの文字が消えちゃった!!大事な書類が真っ白に?!炎天下への放置は気をつけて!最後に復活の仕方も!

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394.comです。


私の会社ももうすぐ夏休みです。後一週間頑張っていきましょう!と言っても今は仕事が楽なので、昔ほど猛烈に待ちどおしい!という訳ではないんですけどね。。。


アメリカから帰ってきた2015年からの3年間はホントに激務だったので、長期連休と言っても部下の誰かは出勤しているので、何かトラブルなどあればすぐに電話が掛かってきて対応、の日々でした。


ぶっちゃけ心の休まる休みではなかったですね。。。


暗い話はさておき、今年は和歌山に鯨と一緒に泳げる海水浴場があるとのことで、今調べているところです。


その名もくじら浜海水浴場


無事くじらちゃんと泳げたら、またブログで報告しますね!


f:id:nobu2394:20180806070546j:plain

Pilotのfrixion(ボールペン)のお話し


本日は先週私が実際に体験したお話です。


私の勤めている会社は、他の工場や会社に出張に行くとき、自分の車ではなく、いわゆる社用車。という会社所有の車で出張に行きます。


多分皆さんの会社でもこの社用車というシステムは一般的なものだと思います。


先日、この社用車で、ちょっとした事件がありました。


うちの社用車は運用ルールが非常に厳格です。運転中の交通ルールの遵守はもちろん、管理台帳も車内においてあり、車を使った時は誰がいつどこに行ったかを事細かく記入しなければいけません。


極めつけは社用車すべてにドライブレコーダーと加速度センサーが搭載されており、急ブレーキや急発進など加速度センサーが反応すると、ピーッっと音が鳴り、その前後のドライブレコーダーの映像を第3者がチェックして月に一回の交通安全ミーティングでみんなに公開するという徹底ぶり。


当然台帳には誰が運転してたかの情報もバッチリのっていますから、違反運転をしようものなら、上司経由で指導書が本人に来るという、なんともありがたい制度です。(泣)


前置きが長くなりましたが、先週私は上司と一緒に後行程のある工場へ社用車を使い出張に行きました。


打ち合わせも無事終了し、自分の工場に私の運転で上司は助手席で戻ります。


もうすぐ私たちのいる工場に着こうという時、助手席に座っている上司がいつものように先ほどの台帳を取り出し、運転している私の代わりに情報を書き込んでくれます。


我が部署は到着してからの時間の無駄を少しでも無くすため、助手席に座っている人間がこの台帳を書きます。


そのとき、いつもは温厚な私の上司が、大きな声で、


あれ?!前の人何も書いてないよ!!


と叫んでいます。


どうしたんですか?と運転中の私が問いかけると、前の運転者の記入がごっそり消えていて、走行距離などが書けないと、若干ご立腹。


運転中なのでイマイチ状況が分からない私は、とりあえず工場に戻り、駐車してから、上司の持っている台帳を確認します。


確かに文字が残っている一つ上の記入では走行距離が合わず、一瞬書き忘れかな~とも思いましたが、上記の通り我が社はこのようなルールを守ることに対しては非常に厳しく、台帳がきちんと書かれているか、つまり管理されているかのチェックが定期的に入ります。


そう簡単に記入忘れが起こるとは考えにくいんです。


しばらく考えていた私の横で、また上司が叫びます。

あれ?!ここもない!ん?ここもだ!!


といつもは穏やかな上司が明らか興奮しています。


確かに台帳を数枚めくると、ところどころ、完全に文字が無く、歯ぬけのようになっています。


はっは~ん。分かりましたよ。。。


と私がほくそ笑み、上司に

これ、熱で消えるボールペン使って書いてますよ、きっと。


と伝えると、おおーーー!まじか!とさらに大興奮。


そして私も愛用しているこのfrixionのペンが私の胸ポケットに刺さっていたので注意書きをよく読むと、60度以上でインクが無色になると小さい字で書いてあります。


確かに最近のこの災害級とも言われる猛暑、車内が60度に達することなんてざらに、と言うか毎日でしょう。


しかも台帳は常に車内保管です。そりゃ~インクも消えますわな。うっすらとかではなく、完全に消えていました。


謎をすべて解決した私たちは鼻息荒く事務所に戻り、台帳の事務所保管とfrixionのペンでは台帳記入をしないよう注意書きを台帳の表に貼るよう部下に指示。


とりあえずこれでこれからの記入分は大丈夫としても、上司が気にしているのは次の総務からのチェック。


私が、正直に言うしかないんじゃないですか?と言うと、そうだよね~、それしかないよね~、と事情が事情なだけになんとか許して貰えると思ったみたいです。実際、許して貰ったみたい。


思ったこと


今回は所詮社用車運行記録という大したことのない書類だから良かったものの、これが大事な交渉先との議事録だったり、ましてや超重要な契約書とかだったりしたら致命的です。


一瞬気がつきませんでしたが、最初は夏の間だけ気を付ければいい、ぐらいに思っていたんですが、よく考えると、たとえ冬の時期に書いたとしても、っていうよりどこで書いたとしても、猛暑の車の中に一定時間以上その書類をほうちしてしまえば、たとえ何年前であろうが、frixionの文字はすべて消えてしまいます。


これってちょっとやばいですよね?


契約書など大事な書類はもちろん、普段使いの手帳など、もしfrixionで書いていて、車内に放置したら、すべてが真っ白ですから。。。


最近はこのfrixionのペンもだいぶ普及してきていて、私も取引先の営業の方などからよくもらいます。ですので自分で意図的に購入しなくても気づいたら私のように胸ポケットに入って使ってる。という人もいるかもしれません。


そういった方は夏の社内放置には気をつけましょう!

番外編(未確認情報)消えたインクの復活のさせかた!


未確認情報ですがホントにお困りの方に対し、文字の復活の仕方があるとのことで記載しておきます。

マイナス10度で放置


注意点

当然ですが今まで書いた文字すべてが復活するので、何度も書いては消してを繰り返していると、ゴチャゴチャの文字が復活するようです。


復活の儀式は自己責任で。。。

最後にちょっと投資ブログっぽい情報を


このfrixionを作っているPILOTという会社の株価をお見せして終わりたいと思います。


f:id:nobu2394:20180806200953j:plain

わお、超優良銘柄。。。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!!



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。