サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマン。定年までに億り人を目指します。

gMENU

【悲報】トイカとマナカとスイカ どれが一番お得??トイカを持ってる俺って、、、

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394.comです。三連休の最終日、相変わらずの猛暑ですが、皆様大丈夫でしたか?

ニュースを見ると、熱中症で亡くなられた方も出ているようです。


前も書きましたが、熱中症は体が慣れていない時にリスクが高まると言われています。


今回のように猛暑日の初日、夏休みに涼しいところで過ごしていて、夏休み後、いきなり炎天下で部活とか、現場仕事などをする場合などです。


逆にこの3連休ゆっくりと、涼しいところで過ごした方で、明日から炎天下で仕事をされる方は、注意した方がいいかもしれません。



f:id:nobu2394:20180715164318j:plain



さて、本日は以前ちょこっと記事にしたこともある、

鉄道系ICカードのお話です。


以前の記事はコチラ↓


上記記事の主旨とは少し違うんですが、今回は中部地方を代表する鉄道系ICカードである、TOICAとManaca、主に関東地方で使用されているSuicaを加えて、私個人の立場として、どのカードを所有すべきなのか?を考えてみたいと思います。


初めはトイカとマナカのみを比較する記事を書こうと思っていたんですが、色々調べているうちに、スイカを加えた方がよいという判断をして、今に至ります。


その理由は後ほど。。。

まずは、トイカとマナカの比較から


やはり同じ中部圏のカード、所謂ご当地カードです。どちらを選ぶべきなのか?他のブロガーさんの記事も参考にさせていただきながら、話を進めます。


参考にさせていただいた記事はコチラ↓


この記事によると、①ポイントがつく、②乗換割引がある、などの理由でマナカの圧勝となっています。


それにしても日本で第3位の人口、経済規模を誇り、なんと言ってもあのJR東海が発行しているカードであるトイカが一地方私鉄の発行している(失礼な言い方ですみません。。。)マナカに完敗というのは、なんとも寂しいですね。


ちなみに、私はがっつりトイカを持っています。。。(遠い目。。。)


f:id:nobu2394:20180716073240j:plain


トイカとマナカはマナカの圧勝!ではマナカとスイカではどうだ?


おいおい、スイカはJR東日本が発行しているカードだろ、東海地方で使えるの??


と疑問を持ったあなた。以下サイトをご覧ください。↓


このサイトによると、スイカでも名鉄や東海圏のJRなど、問題なく使用できるようです。


しかも、スイカにはマナカにない特徴があります。それが、

モバイルスイカ

これは、スマホにICカードの機能を持たせることが可能で、ICカードが不要になるというもの。

これは、カードを色々持ちたくない!と言う方にはいいかもしてませんね。


他にも色々な特徴がありますが、以下の記事がよくまとまっております。↓



個人的に気になった点は、スイカの場合は基本どんなクレジットカードでもチャージが出来るのが大きいですよね。

マナカだと、特定のクレジットカードしかチャージ出来ませんから。

ここまでは、スイカ有利だが、、、


ただし、ここにきて、あくまでも私個人の条件ですが、スイカの場合のデメリットが在ります。


それが、、、

スイカでは、名鉄とJR東海区間の定期券は入らない。

さらに、

モバイルスイカを使用するには、お財布ケータイ対応の端末を選ぶ必要あり。(Felica対応)


私の携帯はAndroidですが、残念ながらFelicaに対応している機種ではありませんでした。


いろいろなサイトでどの端末が対応しているかは、調べれば出てきますが、手っ取り早いのは、モバイルスイカのアプリをインストールしようとすると、対応していない場合、エラーが出て先に進めません。残念。


私の場合、上記二つの理由から惜しくも?スイカを導入することは見送らざるをえませんが、


みなさんの中で、

現在、マナカを使っていて、

①名鉄、JR東海区間の定期券を入れていない。

②Felica対応のスマホを持っている。


方は、モバイルスイカに乗り換えた方がいいかもしれませんね。



とまあ、ここまでいろいろなことを書いて参りましたが、、、

私が持っているのは、スイカでもマナカでもなく、、、

トイカだけどね!!(遠い目:2回目)


f:id:nobu2394:20180716073240j:plain


次の定期更新時には、絶対マナカに変更してやる!!!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!!


にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。