サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマンです。定年までに億り人を目指します。

gMENU

夫の立場での家事への関わり方のポイントとは? 隙間時間の活用術

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394.comです。


昔の記事でも触れていますが、私は今年の3月より新築で立てた家に住んでいます。


ものすごいお金のローンを35年マックスで組み、誠意返済中で御座います。


そして、この新築の家に住むと同時に心密かに決めていることがあります。



それが、、、

家の中を綺麗にたもつ。です。

f:id:nobu2394:20180622124435j:plain


このことは下記記事でも触れていて、私の今年の抱負にも入っているぐらいです。



ただ私はサラリーマンですので、平日は朝が早く帰りも殆どが夜8時を過ぎてしまいます。


かといって、土日だけ掃除をするのでは、平日に散らかってしまった場合は散らかりっぱなしになるし、土日の掃除にかける仕事量も増えます。


そして何より、この状態は家の中をきれいに保っているとは言えません。



平日は奥さんが掃除すればいいんじゃないの?

と思う方もいるかもしれませんが、小さな子供が3人もいると、それはもう散らかります。上の記事にも書いていますが、片付けいるそばから散らかって行きます。。。


これは仕方のないことです。子供は遊ぶことが仕事ですから、、


もちろん、妻はお片付けねーと言って、一生懸命片付けをするということを、子供たちには毎日教えてはいますが、なかなか大変そうです。


そこで私も、出来るだけ家事を行い、二人で協力して家を少しでもきれいにたもちたいなあと思っているわけです。



そうは言っても、自分自身、平日にはなかなか時間がとれないのも事実。


そこで私は、朝と夜の隙間の時間を利用することにしています。


朝の部


私の朝は5:40起床で始まります。


家を出るのが6:10ですので、30分の時間があります。


この30分の間に身支度をするわけですが、私は朝ご飯を食べませんので、少し時間が余ります。


※朝ご飯を食べない話はこちらから




この5分、10分という間で、私は以下のことを実施します。もちろん出来ないこともありますが、、、



前の晩に洗った食器を片付ける


手洗いをした場合と食洗機を使った場合がありますが、基本朝になれば食器についた水滴も乾いているので棚に片付けることができます。



大した仕事ではないんですが、この食器がズーッとそこにあると、次に食器を洗うときに邪魔なんです。しかも、前の食器が水切り場に置いてある状態で次の食器達を手洗いすると、せっかく乾いていた前の食器達がまた濡れてしまいます。


そうなると、また全体が自然乾燥するのを待たなければならず、効率が悪いんです。



そうならないためにも、朝起きた時点で食器を片付ける様にしています。


簡単な事なんですが、普段家事をやらない人間が実際にやってみようとすると、思わぬ障害が待ち受けています。それが、、、


食器を片づける場所がわからない、、、

これは、夫が食器を片づける場合のあるあるだと思います。洗濯物などもそうだと思います。



なにしろ朝の数分でやるため、時間がありません、この食器はどこだ??といちいち色々な棚をあけていては、間に合いません。


対応として、妻に聞いて覚えるしかありません、適当な位置に入れると、怒られてしまうのでここはしっかり覚えましょう。



さて、次の仕事です。


洗濯物を取り込む。


これは、前の晩に洗濯物を干している場合のみです。


数ある家事の中でも一番面倒といってもいいこの洗濯物の取り込み。当然片づけも含みます。



この作業を朝の数分でやり切るには相当の工夫が必要ですが、我が家はそれを実現しています。



その方法が、

洗濯機の近くに、ハンガーをそのままかけられるクローゼットを用意し、乾いた洗濯物を直接しまう。

と言う方法です。


もちろんすべての洗濯物をハンガーのまましまうと、ハンガー自体もなくなってしまうので、下着や靴下、タオル類はぱぱっと畳んで別のクローゼットにしまいます。この別のクローゼットも洗濯機の近くに配置しています。


つまり、ハンガーのまま、かけるのは、上着やズボンTシャツなどです。


こうすることで、洗濯物を畳む時間を大幅に短縮出来ました。

このクローゼットの位置は家を設計するときにデザイナーさんに、

洗濯物が床に散乱しないようにしたい。


とお願いし、一緒に考えた配置です。


だいたいここで、タイムリミットになりますが、週に二日はここにゴミだしが加わります。


私は原付で最寄り駅までいくので、原付でゴミを出します。車だとゴミの嫌な匂いが車内につくのでいやな感じですが、原付ならそういった心配はありません。


次は夜の部


夜の部は帰宅時間がまちまちなので、やることにバラつきが出ますが、概ね以下のような感じです。


食器洗い。

妻がやってくれている場合が多いですが、少なくとも私の分はやらなければいけません。量が多ければ食洗機ですし、少なければ手洗いです。


洗濯物干し

これもかなり面倒な家事の筆頭格でしょう。ただお風呂のお湯がまだ暖かいうちにやった方が汚れ落ちもいいのかなと考えて夜のうちにやってしまうようにしています。



特に妻が次の日仕事の場合は朝だと忙しそうなので夜のうちにやるようにしています。


部屋の片づけ


これは最近妻が子供たちにだいぶ教え込みをしてくれているようで、ほぼほぼ片付いていますので、散らかっている時だけです。といっても床に散乱しているおもちゃなどを片付けるだけです。


そうはいっても屈むので、繰り返すと腰にきます。。。


お風呂掃除とトイレ掃除


洗濯物が干せれば風呂の湯は用なしですので、湯を抜いて、浴槽を洗います。


トイレは毎日ではありませんがにおいが気になるときや、便器に汚れがある場合にそのまま流せるふきんでフキフキします。




いかがでしょうか?


ポイントはあまり時間をかけずにぱぱっと集中してやってしまうことです。


もちろん家事はこれだけではありません、その他細かいことや、何より育児という一番大変な部分は今でも妻に任せっきりです。


妻に感謝するとともに、日頃頑張ってくれている妻に対し、少しでも助けになれればと思い、このようなことを考え、じっししています。



皆さんも、ほんの少しの隙間時間でも集中すれば意外とやれるものです。


続けていればそのうち習慣化します。


参考になるかは分かりませんが、我が家の家事の行い方でした。


最後までお読みいただいて、ありがとうございました!


では。






にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。