サラリーマンの投資日記

目指せ億り人!

米朝首脳会談が終わった。今後の見通しと日本に与える影響を考える。

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394.comです。最近子供の誕生日会を近所のブロンコベリーというハンバーグ、ステーキ中心のファミレスでやりました。息子はお肉が大好きなので、ここ数年の誕生日はいつもここです。


誕生日であることを伝えるとケーキ、写真撮影(写真立て月)と、お店の人のハッピバースデイの生歌のサービスがついて来ます。


ただ、このサービスを受けるためにはキッズクラブというサービスにスマホから登録をしなければならず、これが若干面倒です。名前、ふりがな、生年月日をせっかくなのでと3人分入力するのですが、子供の面倒を見ながらの入力です、結構手間でした。


まあ、年に一回のことだし、次からは事前にやっておこ、と思うのですが、どうせ忘れて、1年後もお店で焦って入力するんだろうな。。。


息子よ。おめでとう!パパは嬉しいぞ!大きくなれよ!




f:id:nobu2394:20180614071709j:plain



史上初の米朝首脳会談が終了

さて、本題です。さる6月12日に米国のトランプ大統領と、北朝鮮の金正恩の両国首脳による、史上初の米朝首脳会談がシンガポールにて行われました。



当然日本での話題性も高く、テレビ、ネット、新聞など、様々なメディアが取り上げ、会談の成果に対する賛否両論、今後の見通しのシナリオなど、様々な意見が飛び交っております。


本日は、私もブログという超弱小メディア??の一つを運用する情報発信者の端くれとして、自分自身の思うところを綴ってみたいと思います。



最後までおつき合いしていただけると嬉しいです。

今後の見通しは?


とりあえず、この会談に対する賛否は横に置いておきます。やれ、トランプの完全敗北だ。だの、やったことに意義がある。だの、色んなコメンテーターの皆さん方が、好き勝手に言っているようですが、


この会談が評価されるに値するのか、はたまたそうでないのかは、みんなが決めることではなく、今後北朝鮮の国内で実際に何が起こるのか?

北朝鮮とアメリカの関係がどうなっていくのか?

北朝鮮と日本の関係がどうなっていくのか?

拉致問題がどう進展していくのか?


という、言わば、この会談後に何がおこるのか??という変化が一番大事であり、会談が成功か失敗かはその時に判断すべきことだと思うんです。


今ボロクソに会談は失敗だったと批判しているコメンテーターも、もし一年後、ほんとに北朝鮮が検証可能で不可逆的な核廃棄を完全に履行したとしたら、手のひらを返したようにこの会談をたたえるはずです。


ようは、結果です。結果がすべてなんです。

気を取り直して、今後の見通しは?(2回目)


私は予言者ではありませんので、見通しには2パターンあると思っています。


せっかくなので、それぞれのパターンが日本に与える影響を考えてみましょう。

パターン①

 今まで通り、のらりくらり北朝鮮がやるべきことを先延ばしし、小さな外向衝突をきっかけに北朝鮮が核開発を再会。

今回の会談を批判している方々は、おそらくこうなってしまうと危惧しているのでしょう。


確かに、ありえます。北朝鮮はこれまでも約束を反故しまくってきた歴史があります。


こうなった場合、隣国である日本にはどんな影響があるのでしょうか??

多分、いつも通り。


要は、会談前の状態に戻るだけですよね。。。またか~と深いため息をついて、そのうちそれが当たり前になるという、、、


むなしい。。。


ただし、仮にこうなった場合、アメリカが強硬な姿勢に出たらどうなるでしょう? 言い方を変えれば、今回の会談で、非公開ながらトランプ大統領が金正恩に対し、

もし非核化の流れを少しでもゆるめたと私が判断したら、わかってるな。。。


と、釘を指していたらどうなるでしょうか??


私はトランプさんならこのくらい言ってしまうんじゃないかと思っています。

パターン②

北朝鮮がせっせと約束を守り、非核化国家へと変貌を遂げ、国際社会への仲間入りをはたす。



ちょっと極端な例かもしれませんが、もしこうなった場合、拉致問題という別の大きな問題を抱えている日本は、ひょっとすると孤立してしまうかもしれません。


他の国が次々と北朝鮮と国交を回復させる中、日本だけが拉致問題未解決という状況になるわけですが、国内世論を考えても、さすがに拉致問題未解決で国交を回復させるわけにはいかないでしょう。


そうなると、細かいことに拘っているのは(もちろん拉致問題が細かい問題だとは思っていません、世界にそう見られる可能性があるということです)、日本だという論調になる可能性だってあり、日本の立場はかなりまずいことになりそうです。


こうして見てみると、話を強引にでも進展させうるストーリーとしては、パターン①でも②でも、どっちにしろトランプ大統領が、相当強い釘をこの会談で指していないといけないことになります。


仮に釘を指していなければ、当然パターン①の前半となり、結果としては最悪の結果となるでしょう。トランプ大統領の評価も相当落ちるのではないでしょうか??

皆さんは、どう思いますか?

所詮、素人の予想です。ある意味テレビのコメンテーターさん達より、責任のない立場かもしれません。



でも、私はトランプ大統領がかなり強い釘を今回は指していると予想しています。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!!


にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。