サラリーマンの投資日記

42歳のサラリーマンです。定年までに億り人を目指します。

gMENU

2018年4月の運用成績(米国株)AT&Tに何が起きている??

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394です。GWも終了し今日から仕事です。連休中は家族サービス優先でほとんどブログが更新できませんでした。

本日からはまたしっかりと情報発信を続けていきます。





f:id:nobu2394:20180507071407j:plain


2018年4月の運用成績(米国株)


本日はちょっと遅くなりましたが、先月の米国株の運用成績を公開したいと思います。



関連記事として、先月の状況を記した記事です。↓



米国株について言えば、3月は私の主要保有株であるAmazonの下落もあり、かなり資産を減らした月でした。

さて、4月はどうだったでしょうか?



f:id:nobu2394:20180507192140j:plain




だいぶ盛り返しました。。。よかった。

Amazonの復調と、配当金などの収入もあり、700万の元本から計算して、プラス70万ほどになっていますね。

続いて個別株の状況


f:id:nobu2394:20180507192916j:plain



Amazonは順調ですが、AT&Tがかなり下がっています。当面のレンジ相場を下に抜けて来ている感じです。





f:id:nobu2394:20180507193244j:plain



最近2年のチャートですが、ここ1年ほどは低くとも33ドルぐらいで反発していたんですが、最近はついに32ドルを割り込む日も出てきています。


このあたりを突破してしまうと、一気に26ドル付近まで下落する可能性もあります。

今は押し目のチャンスか?まだ待ちか?

実はこのAT&T、今の株価にはそれなりの理由があって下落している。と私は考えています。

それが、タイムワーナーの買収です。

何が起きている?


この買収の話自体は、新しい話でもなんでもなく、2016年からある話です。

事態が急変したのは、昨年の11月、なんとアメリカの司法省がこの買収劇に待ったをかけるため、提訴したのです。

何が問題??


???司法省が阻止に動く??
よく分かりませんよね?国側が訴訟を起こすってどう言うこと??ってかんじです。

調べると、阻止に動いた理由は以下のようなことみたいです。

同業者の合併は、企業間の競争を阻害するため、法律が認めていない。


これは日本で言う独占禁止法で謳われていることなんですが、アメリカにも同じ様な法律があり、これに抵触する。と言うことのようです。


確かに、AT&Tのような通信会社がベライゾンなどの他の大手と合併してしまい、最終的に巨大な一つの会社になってしまったら、そこに競争。はなくなり、価格やサービスの質をその一つの会社が好きに決めれるようになります。


それは我々消費者にとって良くないことなので、規制しますよ。と言うことです。意味は分かります。

今回のケースは??


では今回のAT&Tのタイムワーナー買収はどうなんでしょうか?AT&T側は今回の買収は独占禁止法に抵触する所謂水平合併ではなく、畑は同じだが、展開している事業は異なる、所謂垂直合併だと、争う姿勢を見せています。


まあ、法律は解釈によってどうにでも判断できてしまうので、裁判で結論を出しましょうということです。

結果はいつ出る?


3月の下旬に審議が始まり、結審までには2ヶ月ほどかかるようです。5月下旬ぐらいまでかかると言うことですね。


それまでは手を出さない方が無難かもしれません。


もしAT&T側が敗訴すれば、株価はさらに下落するでしょうから。。。


しかも、タイムワーナーの傘下には、トランプさんが嫌いなCNNもいますしね、、、あっちゃいけないことですが、ホワイトハウスが今回の提訴に絡んでいるのでは?という噂まであります。


ここ1ヶ月、AT&Tに注目です。



話がそれまくりましたが、総資産状況です。

資産総額は

日本株
3368549
米国株
7702744
合計
11071293


1000万から初めて、かろうじで100万プラスをキープです。

浮き沈みが激しいですが、この辺を底に出来るように、がんばっていきたいですね。


では。


にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。