サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマンです。定年までに億り人を目指します。

gMENU

確定拠出年金の通知が来た(会社制度)

スポンサーリンク

こんにちは。nobu2394です。昨日のダウ平均は下げました。そこまで大きな下げでは無く、私の保有株達も何とか踏みとどまってる感じ、、、 Amazonは堅調、AT&Tはよ戻ってこーい。っていう感じです。




f:id:nobu2394:20180420070636j:plain




さて、本日は会社にこんな封筒が届きましたのでご報告を、というお話です。




定期的に送られてくるこの封筒、送り主は野村証券。そう、私は所謂サラリーマンですので、半年に一度、野村証券から上記の封筒が送られてくるのです。中身は10数年前?から始めている、確定拠出年金の運用成績です。



今日は私の確定拠出年金の運用成績を赤裸々に公開したいと思います。


確定拠出年金とは?


ここでは企業型確定拠出年金についての私の理解している事を書きます。詳しい説明はネットで調べればいくらでも出てきますので、、、


この企業型確定拠出年金とは、ようは会社からいただける予定のお金、(退職金や普段のお給料)の一部を個人の裁量によって運用商品を選択し、定年まで積み立てて運用しましょう。という商品です。



確か私の会社でこの制度の説明が行われたのは、2003年前後と記憶しています。
(うる覚えですが、、、)


現時点の運用成績


確認すると、2003年から積み立てが開始されており、最初のしばらくは事業主掛け金として、月々13000円が積み立てられており、いつかは忘れましたが、事業主掛け金に加えて、加入者掛け金も追加されました。この加入者掛け金は自分で積み立て額を決めることができ、私は上限である13000円にしています。(月々)


書類を確認すると現時点までで1,956,259円が拠出されていて、現時点の評価額は2,973,989円となっています。評価損益は1,017,739円のプラスです。


やはり運用期間が15年と長いこともあり、いい感じで資産が増えています。これも長期投資がなせる技でしょうか。。


ただ一年に直すと年7万円ほどの利益であり、そこまでハイリターンでもないことが分かります。


今投資の中心でやっている日本株と米国株のリターンはせめてもう少し上の運用利率を確保したいところですね。。。



そうはいっても会社からある意味自動的にもらえるお金である200万が、15年で1.5倍の300万円になっている事実は大きいですよね?


今の私のリターンは同じ会社の周りの同僚の運用成績と比べ、かなり高いリターンであることが分かっています。それは運用する商品の中身、もっと言うと複数の運用商品の組み合わせに秘密があります。


株式で90%を占めています


内訳としては以下です。



  • 野村外国株式インデックスF野村DC 48%
  • SMTAM 日本株インデックスL 41%
  • 三井住友外国債券インデックス8%
  • 三菱UFJ国内債券インデックス3%

ごらんの通り、ほとんど株式です。周りの方々を見てると、だいたい債権がほとんどが、株式があっても30%ぐらいのひとが多いですね。それに引き替え私はかなりのリターンです。これは逆に言うと当然ですが、ハイリスクでもあります。


現時点100万の利益はでていますが、確定拠出年金の特性上、そのお金が手元にくるのはどんなに早くても60歳以降です。18年後です。


もし18年後にちょうどタイミング悪くリーマン級の大暴落がくれば、私の評価額は大きくマイナスでしょう。


今は益が出ていても、定年時に同様に利益が出ていないと意味がありません。

  • スイッチングと言う手法


そこでスイッチングという手法があります。この手法は分かりやすく言えば利益確定です。


現時点高いリターンを叩き出している株式の部分の評価額資金を使って、元本保証型の商品を購入してしまうのです。こうすれば現時点の利益を確定させることが出来ます。こうすればその後株価が大幅に下落しても、評価額は落ちません。


その代わり、その後株価が大幅に上昇した場合、その恩恵を受ける事はできなくなります。


要は、このスイッチングをするタイミングって、株式投資で我々がいつも苦労する、どこで売るか??とまったく同じなんですよね。。。



ということで、私もご多分にもれず、迷っております。。



というわけで、今日は確定拠出年金のお話でした。おそらく定年までに総額で500万円ほどのお金を拠出すると思いますが、目標は2倍を目指したいですね。目指せ億り人ならぬ、目指せ1千万人。ですね。

今後も変化のあるタイミングで記事にしていこうと思います。


では。




にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。