サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマンです。定年までに億り人を目指します。

gMENU

マネックス祭り

スポンサーリンク

こんにちは。nobu2394です。最近の私の運用成績はぱっとしませんが、今日はこの話題を、、、





f:id:nobu2394:20180416071931j:plain


マネックス証券がコインチェックを買収


4月6日の午後、こんなニュースが飛び込んできました。いつものように気づいたのはTwitter上で話題になっていたからです。株価をチェックすると、午前中まで340円を下回っていたかぶかが、すでに400円前後まで急騰。
何が起きているんだと、Twitterを俳諧すると、すぐに冒頭のニュースが見つかりました。


今日はあれから10日以上たち、このニュースの持つ意味、価値などもおおよそ見極められてきた中での現在の株価の推移、そしてこれからどのような展開をするのか?を予想していきたいと思います。


コインチェックとは?


もはや説明は不用だと思いますが、コインチェックとは仮想通貨の一つで、NEMと呼ばれる仮想通貨を扱っています。そのコインチェックが1月下旬にとんでもないことを引き起こし、大きなニュースとなりました。

円換算で580億円の仮想通貨が流出


何者かのハッキングにより、なんと、顧客の預け金580億円相当が盗まれてしまったんです!!


自分の証券会社のお金がごっそり取られてしまったと考えれば、とんでもないことです。。。


その後会社より、9割方の現金が戻ってくるとの発表もあり、何となく事態は沈静化してはいますが、当然損をしているわけで、これから損害賠償訴訟などが起こされるのは必至です。

4月上旬までのコインチェックは上記のように非常に不安定で、仮想通貨取引所としても、一つの企業としても、まさに崖っぷち。だったわけです。

そこに救いの手をさしのべた?マネックス


このような状況のなか、冒頭のニュースが飛び込んできました。マネックス証券とは言わずもがなネット証券の大手。業界ではSBI、楽天についで3位の取引額を誇ります。預け金残高はなんと4兆円を超えます。そのマネックス証券がコインチェックを完全子会社化し、経営に加わる事を発表したのです。


利害関係は一致するのか?


この話、コインチェックにすれば、天下のマネックスに助け船を出してもらった訳ですから、

「助かった~」


の心境でしょう。当然です。


では、買収する側のマネックスにはどんなメリットがあるのでしょう?

実はマネックスはもがいていた。


実はネット証券の世界は、手数料の安値合戦に入っており、なかなか利益が増えていかないという構造的な問題を抱えています。このような状況のなか、マネックスの松本社長は(テレ東の大江さんの旦那さんです、いいな~)、新たな収益の柱を探していたのでしょう。経営者としては、当然の思考です。


どのようなやりとりがあったかは分かりませんが、コインチェックを傘下に納め、仮想通貨への参入をはたし、仮想通貨業界でも一定の存在感を出そうとしているんだと思います。

現時点市場の反応は良好


株価は本日までに一時600円を突破し、出来高も連日2億株を超えるなど、大商いが続いています。今のところ買収劇は成功と言って良さそうです。

ただしここからは私個人の考えですが、現時点の上げは、言わば思惑上げ。です。正直、いくらまで上げるかは分かりません。 かの杉村倉庫やニチダイのように、数千円まで上り詰めるかも知れません。これから、いやもうすでに大口の機関に目をつけられ、仕手株化する可能性も十分にあります。

ただひとついえるのは、すでにマネーゲームの様相をチャートは示しています。

二次曲線的に上昇した株価は落ちるのもあっという間

遅かれ早かれ、株価は急落すると思います。もちろん、だから手を出すな。という訳ではありません。ある意味値幅が取れるわけですから、うまい人であれば、利益を乗せられる絶好のチャンスです。


私は無理だけどね。。。


ということで、腕に自信の合る方は明日以降も楽しんでみてはいかがでしょうか?

今日は新興が大幅に下げました。私はいったん避難しアジア開発以外は現金化しました。


明日以降、しっかりとそこを見極め、チャンスを逃さず、インしていきたいと思います。


では。


にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。