サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマンです。定年までに億り人を目指します。

gMENU

NVIDIA(NVDA)という会社

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394です。さわやかな天気が続きますが、私の目鼻は花粉の為、全くさわやかではありません。。。今日はいつもにも増してかゆい。。。なんとかしてー




f:id:nobu2394:20180330065509j:plain



米国ハイテク株の波乱

米国株が荒れています。荒れているというのは株価が不安定な地合いという意味なんですが、それは今始まったことではなく、1月下旬、つまり2ヶ月前には始まっています。


今何がおきている?


米国株も日本株も2018年に入ってから調整相場が続いています。個人的な見解ですがこの流れはしばらく続くでしょう。

そして今回、今までの調整相場に、新たな不安要素が加わりました。それが、

ハイテク株の下落です


アメリカを代表するハイテク株、いや世界を代表するハイテク株と言っていいかもしれません、それは、Facebook Amazon alphabet(Google) apple Microsoft といったまさしく世界を代表する企業のことをさします。


今、米国株はこのハイテク株の下落でざわついているのです。1月下旬の下落は金利の上昇やトランプさんの関税かけるぞ発言、など直接的にハイテク株が原因となった下げではなかったため、ハイテク株はそこまで株価を落としませんでした。特にAmazonは強かったです。


しかし今は、Facebook、Amazonなど、ハイテク株企業そのものが下落の中心にいて、そのことが米国株全体を不安定な状況に陥らせてしまっています。何が起きているのでしょうか?


Facebookが5000万人分の個人情報を不正に利用され、アメリカ大統領選挙に影響

まずはこれ、個人情報流出の話は日本でも話題になることが多いですが、Facebookも例外ではなかったようです。このことで株価は急落、一時180ドルを超えていた株価が150代まで急落しました。

トランプ大統領がAmazonに対し課税をするという報道

次はこれ、
もともとトランプ大統領はAmazon CEOのペゾスさんと対立していたとの噂もあり、ことある毎にAmazon批判をしていたご様子。それが今回の報道と、上のFacebookの急落とも重なり、株価を下げました。ただし今のところこのAmazonは影響は小さそうです。

今日の本題 NVIDIA


最後にこれ、このエヌビディアという会社、チャートを見てみましょう。



f:id:nobu2394:20180330204007j:plain



現在の株価は230ドル、アメリカらしく基本右肩上がりなんですが、5年前まで10ドルちょっとだったことを考えると、ダブルテンバガー達成の急成長企業です。

何をしている??


この会社はGPUといわれるビジュアルコンピューティングシステムを提供しています。簡単に言うと半導体メーカーなんですが、その性能がハンパないんです。なんでも演算スピードが桁違いとのこと、そしてこの演算能力により一気に実用化に近づいている分野があります。

それが自動運転


きましたねービックキーワード、そうこのNVIDIAという会社はこの自動運転技術においてなくてはならない技術を持っている会社なんです。ダブルテンバガーも納得です。


この自動運転で死亡事故が起きてしまった

この自動運転で先週死亡事故が起きてしまいました。Uberという会社とテスラという会社です。

この事故を受けテスラやUberの株価はもちろんのこと、自動運転に参入しているgoogleやapple ,そして基幹技術として採用されてるNVIDIAも株安に陥りました。


以上が今米国株で起きている株安のおおまかな現状です。

自動運転がらみの株安はすぐに回復と予想


個人的な予想として、この自動運転事故に伴う株安は早晩回復すると思っています。それはそれほどに自動運転が便利であり、事故の確率も人間が起こすそれとは比べものにならないほど、低いからです。今は人が一人亡くなってしまっているのでやむ終えませんが、自動運転という夢の技術の進歩はこれからも続いていくはずです。


そう考えると、不謹慎きわまりないですが、今回の下落は押し目のチャンスととらえることができます。


来週以降このNVIDIAを中心に銘柄を選定していきたいです。



今日はアメリカのハイテク株について書いてみました。余談ですが、にほんかぶでなかなか資金が増えない方、アメリカ株、お勧めですよ。一度私の記事や、たぱぞうさんの記事も見てみてください。一つの選択肢になるとは思います。


では。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。