サラリーマンの投資日記

42歳のサラリーマンです。定年までに億り人を目指します。

gMENU

ニチダイから学んだこと

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394です。今日は最高気温25℃の予想、夏日だそうです。電車から見える景色も桜が綺麗です。





f:id:nobu2394:20180328195438j:plain




ニチダイ大暴落

f:id:nobu2394:20180328070537j:plain



今日はこの話題を、、、これが仕手のすごさかと、Twitterや掲示板を見ながら身震いしています。。。


数日前にニチダイの記事を書かせていただき、私なりには結構な反響をいただきました。やっぱり注目度がたかいなーと改めてその後の株価上昇を期待させるものでした。

しかし結果は暴落。。。買い方の惨敗。

ここでの買い方の惨敗。という表現は適切ではないかもしれません。安値でしこめて、3000円台で売り抜けられた人にとっては、惨敗どころか、圧倒的勝利です。おめでとうございます。

やはり株はどんなチャートを描こうと、単純に安く買って高く売る事が出来れば儲かる。それだけなんです。


特にこのような仕手株は急上昇すればかならず急降下があります。それはみんな知っているはず、問題はどこがピークかを見極められるか??です。


では何が惨敗と思わせるのか?


それは、Twitterや掲示板などの情報から、目標株価が5000円とか7000円とかかなり高い値段に設定されてしまい、そこに至る前に暴落を迎えてしまったことが、売り方の勝利。と写るのだと思います。


確かに私も数日前の記事で、もし売り方が損失を確定し買い戻しに入れば株価は暴騰するでしょうと言っています。今回はそうはならなかった。ということです。


Twitterや掲示板での情報はあくまでも自分の投資手法を決めるための参考情報


今回のこのニチダイには多くの有名投資家さんが登場し、買いあおり、売りあおり、いろいろなつぶやきが散見されました。その中の情報のなにを参考にし、どう方針を決めていくか?


さらに決めたとしても、その参考にした情報、意見が正しいものと言う保証はどこにもありません。



それはつまり、やっぱり自分が思う方向に株価が行かなかったとき、どう対処するかをあらかじめ決めておく。と言うことなんだと思います。


今回のニチダイの件で言えば、2700からのヨコヨコでTwitter上で呟きまくられ、3000円辺りでエントリーした人たちは、やっぱり急落のリスクを考えて、買値かそれよりちょっと下に逆指値を入れておくべきだったんだと思います。それで引っかかって少しマイナスになってしまったとしても、その程度の傷ですみます。


少なくとも今回のようなおおやけどにはならないはずです。

つくずく、守りの投資の重要性を感じています。


私は今回のニチダイ戦には参加していませんが、3月はマイナスが確定しました。。。


4月になったら詳細報告しますが、それでもまだ元本は守れています。

なかなか思うような結果が出ていませんが、大きく負けない事を最優先にこれからも相場と向き合っていきたいと思います。


P.S.
ニチダイのママさん売れたそうです。。。相当な被害だったそうですが、すっきりしてるみたい。。。よかったです。。。


では。



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。