サラリーマンの投資日記

42歳のサラリーマンです。定年までに億り人を目指します。

gMENU

逆指値の使い方(逆指値成行売の危険性)

スポンサーリンク

こんにちは。nobu2394です。今週から新居でのの生活を始めているのですが、去年のゴルフコンペの景品でもらったgoogle home mini を開封しました。ぶっちゃけ、ほしくて手に入れた訳ではないので(google様、すみません;;)、設定はしてみたものの、まだその日のお天気とかしか答えてくれない、、もっと学習するって言ってくれるので、使い方や機能などが分かったら、どこかで記事にしようと思っています。



f:id:nobu2394:20180315064727j:plain


昨日とんでもないことが起きました!


前置きはこのくらいにして、実は昨日ザラ場でたまたま自分の保有株の値動きをチェックしていたら、とんでもないことが起こりましたので、自分への戒めの意味もこめ、備忘録として記事にしておきます。

その銘柄は3845:アイフリークモバイル

(ちゃんとした企業名を今知った。。この姿勢がいけないのか??)
購入したのは結構前で、3/7に269円でインしました、ちょうど日経平均も2番底をつけて、これから上昇気流に乗っていく可能性が高いと思い、購入したんです。

その時の日足チャートです↓



f:id:nobu2394:20180315070531j:plain



判断は間違っておらず、値は順調に上昇していたので、私はいつものルールに従い、損益が0円になるポイント、つまり購入価格と同じ269円に逆指値注文を入れ、引き分けを確定(経験上このときは確定と思っていた。)し、5万円の利確
ラインを待ち望んでいました。多少のもたつきはあったものの、280台を固めたかな~と思っていた昨日3月14日。。。事件が起こります。。。


昨日3月14日の5分足チャートです↓




f:id:nobu2394:20180315070853j:plain


???

????


なんすか??これ???


たまたま運良く?その時の保有株欄で値動きを見れたんですが、280円だった値が一瞬で230円をつけ、そのまた一瞬で、245、その数分後に270円台に戻るという、意味不明の値動きをしたんです。その時の私のこの株の損益額はプラス2万台から、一瞬でマイナス7万まで落ち込み、その後一瞬で5万?? 2万??と目まぐるしく変わりました。正直目で追いきれないスピードです。

あっ っと思った瞬間(損がマイナス7万からマイナス5万に切り替わったぐらいで、私の保有株一覧表から、アイフリクは消えていきました。。。

その間数秒です。。。

何が起きているのかわからず、呆然としていましたが、売れた。という事実はすぐに把握できたので、すぐに約定メールを確認します。。。

メールを開くまでのこれまた数秒、マイナス7万での損切りが頭をよぎります。。。

結果はマイナス1万8000円での損切りでした。。。


あぶねーーーーー。と安心したのですが、

同時に、何が起きたんだ?という疑問が頭を支配しています。。。

すぐにヤフーの掲示板を確認し、分かったことは、

典型的な逆指値狩り

誰かのご発注


ということ、どちらが真実かは分かりませんが、こんなことが頻繁に起こるなら、逆指値の成り行き売りは考え直さなければいけません。


実は私は昔は純粋な逆指値を実施していました。ただ一度その逆指値注文を出していた銘柄が急落してしまい、指値をがっつり下回ってしまい、かなり大きな損失を出したことがあります。

逆指値というのは、あくまでも指値なので、一瞬でその指値を通過してしまうと売るに売れなくなってしまいます。

こりゃーまずい。ということで、逆指値を成り行きで出すことで、多少損が広がっても、確実に損切りが出来るようにしていたんです。。。

そこに今回の事件です。。。

逆値注文は指値か成り行きか?


まだまだ株を初めて経験が浅いのですが、今回のようなことは滅多にないのではないか?と考えています。

今回のようなことが頻繁に起こるなら、逆指値をたようせざるをえない我々兼業投資家は生き残れません。

結論

いままで通り逆指値成り行きでいく。

おまえ、間違ってるぞ!というご意見がある方は、遠慮なしにコメントください。正直自分の判断が正しいのかも全く分かりませんので、、、

よろしくお願いします。

昨日の経験は、

あーこうやっていろいろ経験していくんだなー。と、感慨深くなる出来事でした。今回のことも含め、強くなっていきたいと思います!

では。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。