サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマンです。定年までに億り人を目指します。

gMENU

アライドテレシス爆上げ!

スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394です。
電車通勤中にブログの記事を執筆するのもだいぶ慣れてきました。この時間、ほんと貴重。
f:id:nobu2394:20180309233453j:plain

覚えていますか?この記事↓


ほぼ2ヶ月前の1月15日に書いた記事です。ブログを始めて1週間ぐらいで書いた記事です。
ちょうどそのときは60円付近をウロチョロしていた株価が、突然100円台半ばまで急騰した時期で、私も注目し記事にしました。
最近また爆上げしていますね。以下3ヶ月チャートです。
f:id:nobu2394:20180309065208j:plain
250円をとらえようかという状況です。強いですね。

最初に言っておきますが、私はこの銘柄を購入していません。悔しいですが、仕方ないですね。

今後この株を購入するとしたら上がり過ぎからの調整下落の押し目を狙いたいですが、今の調子だと、戻ってこないでそのまま上に行っちゃうかもしれないですね。

アライドテレシスを調べてみよう

正直なんで株価が上がったのかは分かりません。材料などもあるのでしょう、きっと、でも株価なんてものはほんの少しのきっかけでイナゴさん(私ですが、、)たちが群がり、タワーを作って消えていく、の繰り返しです。そこを調べるよりも、今日はアライドテレシスって何をやってる会社なのかを愚直に調べてみようと思います。

なんでそんなことを思ったかって?直感ですよ、直感、事業内容を大まかにみていて、この会社は将来化けるのでは?という予感を感じたんです。それを今から調べてみて裏をとっていきます。私の普段の売買手法では、このように企業の中身を調べることはあまりしません。ですのでこの記事は自分への備忘録というよりはみなさまへの発信記事ということになるのかもしれません。

アライドテレシスはどんな会社?

会社のHPはこちらです。
なにやらかっこいいHPです。事業内容としてはHPによると、次の3つの柱からなっているようです

  • ネットワークプロダクト事業
  • ソリューション事業
  • サポート・サービス事業

創業は1987年の日本企業

もともとはシステム・プラス株式会社と言う名前でLANの開発、製造、販売を開始。

その後1995年までの間にアメリカ、イギリス、シンガポール、オーストラリアに現地拠点を設立

2000年東証2部に上場

その後の沿革はこちらを参照してください。

パートナーとして登場する組織として、IBMやアメリカ空軍、国防総省、医療関係など、公的機関というか、必要不可欠な分野とタッグを組んでいる印象を受けます。なんとなく、役所的なところと関係が深い感じがします。

もう一つ私が注目したのが、上の3つの柱の一つであるソリューション事業です。

ネットワークのセキュリティを構築する

ここのソリューション事業とはネットワーク全般のシステムを作り上げると言うことですが、特に最近の需要として、ネットワークのセキュリティの強化を求める傾向にあるようです。
ハッキングされない、ウイルスに感染しないなど、ネットワークセキュリティの強さが強固なセキュリティが必要である医療関係、空軍、自治体などに需要があるのかもしれません。

私の感想

ここまではネットなどで調べれば簡単にたどり着ける情報で、ある意味まとめ記事にすぎませんが、ここからは私の感想です。

今現時点で取り組んでいるという情報はありませんが、私はこのアライドテレシスのセキュリティ技術がもし自動運転に使われだしたら株価は何倍にも膨れ上がるのではと考えています。

自動運転に関わるセキュリティ強化は必須

考えてもみてください、将来間全自動運転の時代がやってきたとき、自分がハンドルを離して運転している車が突然ハッキングされたら、、、ある意味、絶対にハッキングされてはいけないネットワークでないといけません。
そう言った意味で、自動運転とネットワークセキュリティは切っても切れない関係です。
先ほども述べましたが、現時点アライドテレシスは自動運転関係のネットワークセキュリティへの参入を表明しているわけではありません。ただアメリカ空軍や医療機関などに採用されていることを考えると、セキュリティの技術は高いことが推察できます。

今でもアライドテレシスは株価が急騰していますが、さらに自動運転に関わる情報でも出てくればさらに上のステージに向かっていくのではないでしょうか。

あくまでも個人的な予想ですが、これからも注目の会社です。

では。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。