サラリーマンの投資日記

42歳のサラリーマンです。定年までに億り人を目指します。

gMENU

ダウ平均と為替と日経平均

スポンサーリンク

f:id:nobu2394:20180222070801j:plain

おはようございます。一昨日の日経平均は上昇しましたが、ダウ平均はかなり激しい値動きでした。一時300ドルを超える上昇となったものの、ひけ間際の数時間で一気に下落に向かい、終わってみれば166ドルマイナスでした。

その後の昨日のダウ平均は160プラスとまだまだ買いと売りの綱引きが続いています。

米ドルは円安方向へ

次に為替に目を向けると、こちらは急激に進んだ円高が一服し、現時点107円後半を付ける水準まで戻ってきています。

一般的に他の指標に影響を受けやすい日経平均

これはすでに周知の事実だと思いますが、具体的には前日のダウ平均が上がれば日経は上がる確率が高く、円安にふれればこれも日経が上がります。この円安と日経の関係はこちらの記事も参考にしてください。

当然逆も然りで、ダウ平均が下がれば日経平均も下がり、円高になればこれまた日経平均も下がります

ダウ平均とドル円為替はどっちの影響が強い??

ここで考えてみました。ダウ平均と為替、どちらが日経平均に対する影響が大きいのでしょうか??そんなもん、時と場合によるって?その通りかもしれませんが、考えてみました。

まずはそれぞれのチャートを同じ期間出してみます。

日経平均

f:id:nobu2394:20180222193231j:plain

ダウ平均

f:id:nobu2394:20180222193246j:plain

ドル円為替

f:id:nobu2394:20180222193322j:plain

ネットの情報などでよく見るのは、相関係数などを見て定量的に判断をするやり方ですが、私はそんなことしません。っていうか出来ません。
極めてアナログでいきます。

う~ん、当たり前ですが時期によってダウ平均よりの時期もあれば、ドル円よりの時期もありますね。

例えば2012年後半から2014年後半の2年間はドル円と相関が強そうです。
逆に2016年5月からはダウ平均と似ています。

写真重ねてみました。(ばかだねー)

まずは日経とドル円
f:id:nobu2394:20180222200304j:plain

次に日経とダウ平均
f:id:nobu2394:20180222200733j:plain

どうでしょうか?何か見えてきましたか?

結論、今はダウ平均との相関が強い、ただし、1ドル105円を切らなければ

こんな感じでしょうか?ドル円と日経平均の重ね合わせを見ているとなんとなく、ドル円が105円より円安なら、日経も割と強い動きをしている様に見えるんですよね。

批判意見もいろいろあるかとは思いますが、初心者の遊びです。大目に見てください。

さあ、金曜日今日の日経はどう来るか?ダウは上げましたが、ドル円はちょい円高。私の導いた理論だと今はダウとの相関が強いはずなので今日の日経は上昇と予想します!

こんなに簡単に予想が当たれば苦労しませんが、、、

では。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。