サラリーマンの投資日記

43歳のサラリーマン。定年までに億り人を目指します。

gMENU

米国株の税金、米ドルの証券会社での持ち方について、預り金と外貨MMFの違いって??

スポンサーリンク

本日は米国株の税金の話


f:id:nobu2394:20180221071548j:plain

今日は私の米国株の税金のお話を少ししたいと思います。
自分でもネットでいろいろ調べてみましたが、完全に理解できるものがなかったので、備忘録として残しておくことにしました。


まずは税金の話に行く前に、私が米国株で使っているモルガンスタンレー証券での口座内でのお金の持ち方を説明します。

証券会社でのドルの持ち方


米国株を始めて半年ほど経ちますが、証券会社の資産内訳の中にこんな表記がありました。


f:id:nobu2394:20180221064618j:plain
一番上です、拡大します。


f:id:nobu2394:20180221064928j:plain
???MRF??マネーリザーブファンド??最初見たときは、ああ、配当金だな~なんて思ってたんです。で、それは確かに配当金でした。AT&Tやシンクロニーなど配当のもらえる株式を保有していますから。


ただ、私が注目したのはここです。↓


f:id:nobu2394:20180221065503j:plain


日本円???米ドルで株式を取引しているのに日本円になってる、、なんで?

早速証券会社に問い合わせてみる。


お客様は配当金の受け取りを円にされているので円でのお支払いになります。だそうです。正直円を指定した覚えはないんですが、、まあいいとしましょう。ただこれから長く米国株投資をするつもりですので、基本ドルで持っておきたい。という基本方針です。次にじゃあこれから入る配当金をドルにしたい場合はどうすればいいの?ってことですが、

ドルの保管場所 預り金と外貨MMFという選択肢


やり方は二つあるそうで、一つ目はただの証券口座の預り金としてドルでいただくという方法。もう一つはいただいたドルで外貨MMFという金融商品を購入すること。それぞれ説明していきます。

預り金としてもらう


これはもうイメージ通りでそのまま配当金がドルで入ってくるようです。

外貨MMFとしてもらう


このMMFとは投資信託の一種のようで、要は金融商品です。ただの預かり金と違う特徴としては、

  • 金利が付く

今だと0.9%ほどの金利がつくようです。

  • お金が保護される

これもよく言われることですが、万が一お金を預けている証券会社が倒産しても1000万円以上でも保護されるみたいです。

  • 元本割れのリスクがある

かなり確率は低いようですが、そういうこともあるようです。


今回私は、外貨MMFを選択しました。正直ネットとかで調べると、この二つの預け方には税金のかかり方に違いがある。と書いてあるところもあり、MMFの方が損をするケースもある。とか書いてあります。


そこでまた証券会社に問い合わせると、税金に違いはありませんとのこと。


う~ん、よくわからない。。。


ただ間違いなくいえることは、

円転でなくても税金が取られる!

ということみたいです。


ここでいう税金とは、要は所得税のことで、20%ぐらい取られるやつです。何も知らなかったときは、てっきり最後に円転したときにいろいろ持っていかれるのかなとおもっていたんですが、説明を聞くと、上記のどちらの形であれ、配当金を受け取った時点で税金が取られるみたいです。たとえドルのままでも、です。


しかもです、これも初心者の私には驚きだったんですが、

その税金は円で引かれる!!


f:id:nobu2394:20180221225109j:plain


ということ。つまり、口座の中に日本円がなくてはいけないんですね。私はモルガンスタンレー証券というところで米国株は取引しています。手数料は高いのですが、前の記事でも書いたとおり私は以前アメリカで仕事をしていた関係で帰国したときドルを保有していました。


当初マネックスさんでこのドルを銀行からドルのまま入金しようとしたんですが、それはできない。と断られてしまったんです。当時それが出来たのがモルガンスタンレー証券でした。ということで、今でもモルガンスタンレー証券の口座に円は今までの配当金26000円しかありません。


今までの説明が事実だとすると、今後の配当金はドルのまま外貨MMFを買い付けますので、おそらくそのときに円で税金が引かれるはずです。そのときのためにこの26000円はそのままにしておこうと思います。

株の売却益はどうなる??


そこでついでに聞いてみました。今度は配当金ではなく、本丸の株の売却益はどうなるの?と、


これもいくらドルのまま利益を確定しても円で税金が引かれるとのこと、こうなると先ほどの26000円ではとても足りません。。。作戦としては売却するさいに、一部を円貨決済にして税金徴収に備える感じでしょうか?

しかも米国株はさらに10%の税金が米国税として上乗せ!(2重課税)


これ以上の情報はみなさんもこんがらがるでしょうし、何より私がこんがらがりますのでほどほどにしたいのですが、アメリカの場合、さらに10%の税金もかかるらしく、それを取り戻すには確定申告が必要とのこと、複雑です。。。
所謂2重課税というやつです。


今回の確定申告では対象はないので安心ですが、一年後までにはしっかり経験を積んで慌てないようにしたいですね。なんせまだ一度も米国株は売ったことがないので、、、


今回の調整局面が終わった頃にある程度の利益を確定させるつもりですので、そのときにまた実体験を交えて報告させていただきます。


関連記事です。


さあ、今日の日本株はダウ平均下落にも負けず小幅ながら上昇しました。今からのダウ平均にも注目です。


2月終わりに笑えるか?乞うご期待!

では。



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。